FC2ブログ

Entries

1月16日

正月中に解いて洗った毛糸で、普段に着る何かを編もうと編み機を出した。
ところがどういうものを編んだらいいのか何のイメージも頭に浮かばない。編み物の本を何冊も取り出してペラペラめくってみても、これがいいと思うものがない。もしかしたら、私って何にも欲しくないのかもしれないなあと思う。うちの中で着る防寒用の普段着なら、もう処分してもいいジャケットを流用したっていいわけで、汚れたり染みがついたりしたらそのまま捨てればいいのだし、と思ってしまう。
こういうのをときめかないと言うのかなあ。編み機も好きだし、編むという行為も嫌いではない。でもとりあえず着るために間に合わせに何かを編むというのは楽しくない。おもしろい編み地だから、おもしろい編み方だから編んでみたいと意欲がわくから楽しいのであって。

例えば料理も毎日必要にかられてする家事としては楽しくないが、普段しない人が時々趣味として作るのは楽しい。そういうことだと思う。
そんなことを言ったら、プロはどうなのるかということになるが、プロが覚悟の上でやっていることをそもそも素人と一括りにしては語れないはず。

ああ、私は何を言いたいのかしらん。今日はもう寝てしまおう。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/165-20ca4acf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR