FC2ブログ

Entries

1月5日 

年賀状を出したつもりだったのに出してなかった事が分かった友人に電話して、つい長話になってしまった。今年は同窓会があるはずだという話題になった。今まで他に用事がない限りは出席していたが、実のところもうどうでもよくなってしまった。この人に是非会いたいという人がいない。行けばそれなりに楽しいかもしれないけれど、はてさて。

年末に図書館で借りていた本のうち、3冊はネットで延長を申し込んでおいた。残りの4冊を午後返しに行った。へニング・マンケルの「北京から来た男 上・下」、手塚正己という人の「警備員日記」、後一冊は雑誌。
「北京から来た男」はあまり面白いと思えなかったので、中途で投げ出したが、「警備員日記」は面白かった。作家の仕事を続けるため生活の糧を得る目的で、警備員の仕事についた人のドキュメンタリーだ。職場に集まる、よく言えば個性的な面々がいきいきと描かれている。リストラされて仕方なく警備員になった元サラリーマンが真面目に仕事に取り組んでいるうちに、別の会社に就職できて又サラリーマンに戻ることができたり、そうかと思うといい加減な仕事ぶりの人はやっぱり警備員の仕事さえ失ってしまう、そういう経緯を描きながら、作者はきちんと生きることの大切さを言いたいのかもしれない。

いつかブログにアップする時のために、カーディガンをほどく過程を写真に撮っておこうと思ったら、カメラの電池が駄目になっていた。充電できないのだ。何年も前に中古で買ったカメラだし、そんなに写真をとる機会もないのだから、もうあきらめてもいいかな。
充電といえば、私の携帯、料金プランを変更してもどこからも電話がかからないし、自分の方からもかけないし、電池切れになれば一応充電はするけれど何だか空しいなあ。無料通話分の持ち越しがもう3ヶ月分でほぼ60分?そのうち誰かに長電話しよう。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/152-366996c5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR