FC2ブログ

Entries

私には不要品でももしかしたら

ここのところ何だか気力がわかずにぐだぐだして日を送っている。

友人から久しぶりに電話があり、以前譲ったウーリーロックミシン糸を重宝したと言ってきたので、まだ残っている糸も譲ると約束した。ついでに昔内職で使っていた(3年間ほどユニフォームの見本縫いをしたことがある)業務用の糸ももう使わないからと譲ることした。友人は今でも洋裁をしており、文化センターで講師をしている。「巻きが大きいから個人で使うより教室で皆で使ってもらえばいいから」と言って送った。こちらには不要でも役に立ててもらえば有り難いと思ったのだ。

発送した翌々日にはもうお礼の手紙が届き、QUOカードと自作の小物が同封されていた。若い頃の帯をリメイクしたものらしい。
一般的にだが、趣味の作品はいくつも同じような物を作って、引き出しやら箱やらにため込むことが多いような気がする。自分一人ではどうしたって使いきれないが、せっかく手をかけて形にしたものをみすみす捨てるにはしのびない、ならば周囲の人に贈って使ってもらった方がいいと考えるのだ。もちろん欲しいと言ってくれる人には進呈するのがいいと思う。もっといいのは売ってという人が現れてくれることだけど。

欲しかったわけではないのよ。でもせっかくの気持ちだから有り難く頂戴し、大事にしますとお礼は言うけれど、大事にするあまりたんすの奥深くしまい込み、結果的に十年くらい先に思い出して断捨離の対象になるような気がするのよ。わたしにもそれなりの好みがあるもんだから。

お互い様、それでいいのではあるまいか。誰かの、何かの役に立ったと誰でも思いたいよね。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/133-f35105e5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR