FC2ブログ

Entries

最後の飼い猫

 我が家では長年飼っていた猫を5年前に亡くした。もう飼うのはよそうと思っていたが暫くすると寂しくなり、最後の飼い猫のつもりで里親募集のサイトで探して、子猫を貰い受けて育てていた。自分達の年齢を考えると、猫の方が長生きした場合には取り残されて可哀そうな事になりかねない。だから本当に最後の飼い猫のつもりだったのだ。

 それから一年半後の晩春、4匹の子連れの野良猫が迷い込んできた。見つけたのは夫である。朝、勤めから帰って敷地内に車を入れようと門をあけたら、小さな猫が5匹いたと言う。捨て猫されたのかと驚いて見に行くと、一匹は親猫だった。子猫は見たところ生後一ヵ月半程度の一番可愛い時期で、小柄な親猫をとりまいてうろうろしていた。あんなに可愛い子ならきっと大丈夫だよ、里親募集したら飼い主見つかりそうな気がする。うちの子より可愛いじゃないの。私は夫にそう言った。一匹でも二匹でも拾わなくては、放っておいたら野良猫が増えてしょうがないと思った。

 翌日から昼間の空いている時間は、子猫たちに張り付くようにして見張りを続けた。子猫達は家の土台の通気孔の、わずかな隙間から床下にもぐりこみ、時々外へ出て親猫にまとわりついていた。親猫はどこかで貰ったのかあるいは勝手に調達したのか、ちくわを銜えて運んできて子猫に食べさせていた。やはり餌を何とかしないと懐いてくれそうにない。とりあえずキャットフードを親に与えてみると、子猫たちは親を押しのけるようにして頭を突っ込んだ。親はまず子猫に食べさせて残りを食べる。猫のママにえらいねと、褒めてやりたかった。

 一週間ほどで親猫が警戒心を解き始めたころから、何とか3匹の子猫を順番に拉致するように家の中へ入れた。3匹とも雌だった。後になって親子連れ全員を保護しておけばよかったと思ったが、その時は全部の子に飼い主を見つける自信がなかったのだ。見つからなかった子を再び外に放り出すわけにはいかないし、保健所へ連れて行くのも可哀そうだという気がした。それから間もなく、親猫は残った1匹の子猫を連れてどこかへ移っていった。
 獣医さんと、たまたまペットフードを買いに出かけて知り合った猫ボランティアさんのおかげで2匹はすんなりと貰い手が見つかった。里親募集のサイトへ投稿するまでもなかった。

 残った一匹はなかなか懐かない子で、まだ姉妹猫と一緒のケージに入っているときから、隅っこにうずくまって人を警戒の目で見ているような子だった。手を差し伸べても逃げてばかりで一向に近寄ってもこなかった。こういう子猫を人に譲っても可愛げがないと返されるか、もしかしたら家の外に脱走してもそのまま探してもらえないのではないかと心配になるような子だった。夫がうちの子の遊び相手に飼ってやればいいじゃないかと言い出し、私はそうよね、仕方ないよね、でも今度こそ本当に最後にしないとねと、答えた。

 
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/11-a30aeb24

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR