FC2ブログ

Entries

めまい

 40代の終わり頃から、時々めまいに襲われることがあった。頻度は少なく、それこそ二、三年に一度くらいのものだ。めまいといっても立ちくらみのようなふわふわした感じのものではなく、それこそ自分を取り巻いている全てがぐるぐる回っているという、回転性のめまいだ。平衡感覚が狂って、気分が悪くて立ってなどいられるものではない。
 私の場合はめまいを起こすときは、朝、起き抜けからそうなる。目を開いた時から何か変で、上半身を起こすともう世界が回転している。目をつむると少し楽になる。
 
 最初に起こした時は何事だろうと思った。家族に朝の支度が出来ないと声をかけて、布団に倒れ込み、目をかたくつむって、横になっていた。立ち上がって歩く事もまともにできない状態で、お医者さんへ行くことなど考えられなかった。そのうちに眠っていしまい、再び目が覚めたときには何ともなくなっていた。気になって「家庭の医学」を開いてめまいの項を探したら、めまいは重大な病の症状として起きることもちろんあるが、良性の場合も意外に多いと書いてあった。こんなに簡単に治ってしまうのだから、多分そうだろうと思って、それきりになった。

 それから後二、三年おきにめまいが起きても、大丈夫、悪い病気じゃないからと自分に言い聞かせ、ただ目をつむって横になっていた。実際、ほとんどの場合もう一度眠ってしまって目が覚めるともう治っていたのだ。

 七月初めのことになるが、又めまいを起こした。
 今回は前の晩からちょっと変だった。布団の上に横になって本を読んでいて、さあ寝ようと本を閉じたとき天井がゆらりとした。いつも寝て起きれば治っていたし、夜の間寝ていれば大丈夫だろうと思っていたけれども、翌朝はもう目を開けたときから駄目だった。這うようにしてお手洗いに行き、前の晩、風呂の残り湯で洗濯をしたままになっていたので、干さなくちゃと動き始めたがどうにもならない。立っていられないばかりでなく、吐き気までしてきて、どうしようもなく横になった。 今回は症状がいつもよりずっと悪かったのだ。熱中症を併発するのが心配で飲んだ水分まで吐きもどしたりして、ほどんど丸二日寝込んだ。(食事がとれなかったのでお腹が空いて、力が入らなかったせいもあるかもしれない )
 三日目にはそこそこよくなって、普通の生活に戻れると思ったら、四日目の朝、又軽いめまいが起きて、やっと重い腰を上げて、耳鼻科の診察を受けに行った。

 検査をして貰ったが、耳鳴りもなく、焦点が定まらなかったりろれつが回らない等の症状もなく、多分「良性発作性頭位めまい症」でしょうということになった。やっぱりね、良性だったんだと思った。今回だけ症状が重かったのは、自律神経の方からきているのか、軽度の熱中症を起こしていたのか、その辺ははっきり分からないが、薬を飲んでみてそれでもまだ変だったら、再診を受けるようにと言われた。いつもお医者さんに貰った薬は途中で飲み忘れてそれっきりになることが多いが、今回は全部飲んでしまった。今のところ、治ったように思われる。

 何というか年をとると、傷の治りが悪くなったり、同じ病でも症状が重かったりなど、色々あるような気がする。
 
 実は何年か前に夫もめまいを起こした事があって、それまでは私のめまいには全く同情などしてくれなかったのに、自分の時には息も絶え絶え、今にも死にそうな声で「救急車を呼んでくれ」ですと。はあ?と思ったけど、本当に重病だと困るので、119番に電話しましたわ。とても恥ずかしかった(私の方が)・・・ 。結果的に大したことなかったので良かったというべきかもしれませんが。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/107-ef6640f8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR