FC2ブログ

Entries

とり肉

夫はスーパーへ出かけては、安かったからという理由で豚肉や牛肉をよく買ってくる。食べきれない分は冷凍するのだが、冷凍庫に何が残っているかをいちいち確かめることはせずに、また安かったからと買ってくる。困った習慣だ。頭の老化防止には料理がいいと言っていた専門家がいた。買い物の段階から調理・盛り付け・食事と順を追って頭を使うことが多いからだそうだ。私は買い物には出かけないけれど、冷蔵庫に何が残っていて、それ...

「鬼の研究」

馬場あき子「鬼の研究」を読み始める。最初の「鬼」というものの起源を探求する部分を読んだだけでも、もうすでにこの本がただならぬ力作であることを感じる。どれだけ多くのの古典を読み込み、考察を深められたのか、並々ならぬ労力が注がれたに違いないことがわかる。女流歌人のやわやわとした抒情性はなく、一般的な読者に向けた入門書でもなく、古典文学の専門家にも伍するところがありそうな、学術論文のような本だ。読み応え...

2月でも春のようだった

まだ二月なのに春のような陽ざしだった。午後、散歩に出て一人で街を歩いた。しばらく通らなかった路だ。歩道に面した店の様子が様変わりした感じで、今風の店が増えている。大手チェーンのカフェばかりでなく、ケーキとコーヒーの小さな店がいくつもできていて、若い人が店の中を覗いていた。昔ながらの純喫茶はもう流行らないのだ。今風のおしゃれなカフェのウインドウを覗いたら、多分健康志向の客層がターゲットなのだろう、生...

「ゆるい生活」

群ようこ「ゆるい生活」を読む。中年を過ぎて不調を感じるようになった自分自身の体を、漢方薬の先生との対話を通して見つめるようになった有様が綴られている。めまいがきっかけになったそうだ。めまいといえば耳鼻科だが、普通に耳鼻科にかからないで漢方医学に頼ったのは著者の何らかのこだわりがあるようだ。症状が現れるのは体が不均衡を起こしているからと考え、その原因を体全体から総合的に診てほしかったのかもしれない。...

台所でごそごそ

今日は朝から台所でごそごそしていた。最初に夕飯にいなり寿司を作るために油揚げを煮て、昨日まで干していた椎茸を戻して夫用の常備菜として煮た。油揚げは1枚を半分にして二個分にする。10枚使うから二十個分で、夫婦二人の二食分になる。今日の夕食と明日の昼食用、つまり四食分だ。中に詰める寿司飯はちらしの素を混ぜて作るが、ちらしの素の塩分が5.8gあるので、四食分8g(一食分の塩分を2gと計算)から引くと2.2g、油揚げ...

市税の申告に行った

午後地方税の申告のために区役所へ出かけた。結婚して以来私は専業主婦だった。当然夫は配偶者控除を受けていた。事情は全然かわっていないが、年金支給が開始になってから、何か手違いがあったのか、配偶者のチェックがはずされてしまっていた。二・三年前に改めて届けを出したのに、まだ反映されるまでに時間がかかるという。夫の年金は多くない。配偶者控除があれば我が家は地方税非課税世帯となる。非課税世帯になると、介護保...

昨日のこと

藤井七段の朝日杯二連覇で夫は機嫌がいい。昨日もAbemaTVで中継があった。私がはやばや明け渡したパソコンの前に陣取って、一人熱心に準決勝も決勝も見ていた。昼食もそこそこに、午前中の準決勝の勝敗が決まってから後の棋譜解説も引き続き見ていたようだ。天気が良かったので私は散歩に出かけることにした。 キャッシュを削除するために一度ウェブを閉じておいて欲しくて、「ウインドウの右隅の×印をクリックしておいてね」と、...

味噌汁

国保の特定健診を受けるたびに血清クレアチニンの値が、0.69,0.72と増えてきて、去年の3月の検診で0.79になった。治療を開始するほどではないが要注意といわれ、減塩することにしたのだった。料理が得意な方ではなく、味覚にも自信がない。薄味にしたつもりでも自分の舌の感覚だけでは確実とはいえないのではないか。そう考えて、塩も醤油も味噌も、その他、塩分を含む調味料は計量することにした。最初のころこそg単位で計り、...

欲しいものがない

年金支給日だったので現金を引き出しに出かけたものの、ATMの前でいくらおろすか迷ってしまった。財布の中には年末におろした分がまだ残っている。自分でも使っていないなあと思う。欲しいものが見つからないのだ。今日も帰りに近くのスーパーへ寄って衣料品を見て回ったが、品数がすごく豊富でしかもバーゲン価格になっていて驚くほど安いのに、これというものが見つからなかった。書店へも寄ったが、今どきは本が高く定価で買う...

チョコレートの日

何日も前から、テレビではデパートの特設チョコレート売り場を取材した様子を映していた。高級な外国製のものとか、有名パティシェが特別に作ったものなどを、若い女性リポーターが口にしておいしいおいしいと繰り返し言う。売り場に集まっていた人がインタビューを受けて答えていた。そういう上等なチョコレートは、大事な人にというより自分に贈るためのものらしい。へえと思いながら見ていた。チョコレートは嫌いではないが、そ...

夫の不機嫌

昨日は夕食の準備が遅れて夫が常になく不機嫌だった。夕食の時間が遅れたのではない、私が準備に取りかかる時間がいつもより遅かっただけのことだ。作り置きのおかずがあれこれあって、ご飯も残っているのを片付けなくてはならずレンジで温めて出すだけ、後は味噌汁だけ作ればいい状態だったのだ。30分もあれば十分に間に合うはずだったのに、二階にいた私をいらいらと呼びつけちゃって。二階に置いてあった猫の餌の容器が空に近か...

ゾンビは嫌い

「屍人荘の殺人」には三分の一くらい進んだところで、ゾンビが登場する。ホラー好きな人はわくわくするかもしれない。ゾンビに囲まれて孤立した建物の中で事件が起こるのだから、現実にはあり得ない設定とはいえ、密室殺人になるわけだ。趣味が合いさえすれば面白い推理小説に違いない。そういう特殊な状況でも設定しないことには、今の時代には密室は作れないのだろうかとふと思った。ゾンビとか幽霊とかいうだけで個人的には面白...

午後のコーヒー

毎日午後レギュラーコーヒーを淹れている。淹れ方を直接教わったことはなかった。本や、こういう時代だからネットの動画を参考にしていた。たいていは、最初に湯を全体にいきわたるように注いだ後、30秒くらい蒸らすと教えている。30秒待っら、湯を少しずつ「の」の字を書くように注ぎ、徐々に注ぐ分量を増やしていく。ドリッパーにまだ湯が残っていても人数分の量になったらそこで終り。全体で3分かけるのが適切だというので、で...

日向は暖かかった

天気予報では冷え込むと言っていたが、風がないせいか日向は暖かかった。庭先へ出て雑巾をすすぎながら辺りを見回す。枯れた鉢植えがいくつかあるのが気になる。ウラハグサ、ハンゲショウ、ホトトギス、ベニチガヤ・・・。いつも庭へ出るたびに気になりながら、寒いのを言い訳に世話をしなかった。もうそろそろ植え替えなくちゃと思いながらそのままになっていた。冬の間は水やりもろくにしていない。すっかり枯らしてしまったかも...

3Gのガラケーでいいわ

いまだに3Gのガラケーで、一番安い通話だけのプランにしている。通話するのはたまの外出時に何かの用ができて自宅へかけるくらいだ。契約中のプランでは、確か使わなかった分は繰り越されることになっていたはず、ごくごくたまに繰り越し分を消化しようと、用もないのに遠方の知り合いに電話することがある。それでも使い切れない分の方が多いのではないか。私の頭の中で携帯は緊急用という位置づけなので、それでもいいと思う。最...

「犬はどこだ」を読んだ 

米澤穂信「犬はどこだ」(東京創元社)を読んだ。ハンドルネームしか知らない相手とチャットで情報交換したり、過去ログを探し出して、ネットストーカーがロックオンした相手の現実の姿を割り出した方法を推理したりと、今風の展開なのが興味深かった。新時代のミステリーはインターネット社会を無視するわけにはいかないようだ。この作品に、地方の山村に伝わる古文書を解読した在野の研究者によって書かれた本が出てくる。「中世...

豚コレラの拡大

豚コレラの感染地域が拡大して、殺処分される頭数がどんどん増えている。始終は人に食べられるために屠殺されるにしても、処分されてしまう豚も何だか可哀そうな気がする。仕事とはいえ大量の殺処分に携わる人も、無下に命を奪うのだから決して気分がいいものではないに違いない。何十年も前に豚コレラが流行した時、ワクチンが開発されて次第に終息に向かったことがあったそうだ。今回もワクチンを検討すればいいのにと素人は思う...

思うこと

昨晩はインターネットテレビに釘付けになっていた夫に付き合って、12時近くまで起きていた。シャットダウンの方法を知らない人なのでしょうがない。いきなり電源を落とされでもして、それがきっかけでパソコンが不調になったりするとちょっと困るので。つい先日変になったばかりなので用心している。藤井七段は類まれな才能の持ち主だし、勝てば中部地方に在住する身としてよかったねとは思うが、私自身はそもそも将棋のルールも知...

今日は藤井七段の対局で

今日は朝からAbemaTVで藤井七段の対局が見られることが分かって、夫は急に外出を取りやめた。いつも通りにダウンジャケットを持ってきて椅子の背にかけてあったので、てっきり出かけるつもりだと思っていた。出かけるといってもスーパーへ買い物に行くだけのことだ。たいていは9時過ぎにはさっさと出かけてしまうのに、今日に限って10時近くになってもうろうろしている。「出かけないの?」と聞いたら、「今日は何も必要なものがな...

一人暮らしのブログ

更新を楽しみに読ませていただいている中高年女性のブログがいくつかある。60代の方が多く、70歳になった私よりはいくらか若い人が多い。特に一人暮らしをしている人のブログは気になっている。先日、本屋に平積みになっていた大人の女性のワンルーム暮らしの本を手に取ってぱらぱらと眺めた。50歳前の人のようだが、なんとまあ余分なものがなくて整った暮らし方だろうと思った。こういうすっきりした暮らしはいいなあと溜息が出る...

今朝のことさえ

新聞で作家の藤沢周さんが書かれた書評を読んだ。歌人の馬場あき子氏の「鬼の研究」を高く評価した内容だった。「古典の枠に裏打ちされた魂の哲学」と書かれている。若い時に「式子内親王」を読んだことがあった。和歌には不案内ながらこの著書が力作であることだけは感じとれた。同じ著者の「鬼の研究」も文庫本で買ったような記憶があるが、読んだかどうか覚えていない。一通り読んだかもしれないが、何しろ若い時のことだ。人間...

中身をいれない饅頭

古い料理雑誌にウー・ウェンさんの饅頭のつくり方が載っているのを見つけた。材料が薄力粉だし、何よりも粉200gに対して塩が一つまみと書かれていて、塩分に気を使っている身としては見逃せない。普通の食パンの六枚切り一枚の塩分が0.7gに比べたら、ほとんど無視してもいいくらいの塩分になるのではないか。中身の入らない生地だけの饅頭なら、食パン代わりになるはずだと考え、作ってみた。イーストは、何年も前に買ったまま冷...

いろいろ壊れる

先日の夜、夫がトイレの電球が切れたと言った。あいにく買い置きがなかったので、翌日蛍光管を買ってきてから取り換えることになった。義父が生前自分専用に増築した離れのトイレも含めて、我が家にはトイレが三か所ある。二階のトイレは家をリフォームした時に造り直しているが、一階は40年以上前にこの家が建った時のままで、照明もそのままだから古い。天井に直付けの蛍光灯である。翌日、蛍光管を買ってきた夫が交換しようと...

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR