FC2ブログ

Entries

受身の一般人

 高校時代の社会科の授業で、表面に現れる様々な事象にはそうなるべき必然性があるのだという話を聞いたことがあった。先生はその時ある期間の歴史の流れを例にとって説明され、それがいかにも歴史の大きなうねりを感じる例でとても分かりやすかったので、理解できたつもりになった。でもそれを真似て、自分で別の時代の流れを解明しようとすると全くできなかった。 人から解説されたり説明されたりすると簡単に分かったような気...

ミレニアム2・3

 「ミレニアム2火と戯れる女」を夜の9時過ぎから見はじめたら、続きが気になって気になって、ついつい「ミレニアム3眠れる女と狂卓の騎士」まで立て続けに見てしまい、気がついたら夜中の2時を回っていた。(60過ぎの真面目な主婦のすることではないかも) それにしても面白かった。リスベットという女主人公が独りですっくと立っていて、男に(この場合ミカエルという男性編集者、もう一人の主人公)に寄りかかっていないのが...

DVD「ミレニアム」を借りてきた

  ゲオへ行ったら新作で「ドラゴンタトゥーの女」が出ていた。ハリウッドリメイク版の方だ。その隣に元のスウェーデン版「ミレニアム1~3」が旧作扱いで並んでいたので、迷わずにそちらの3作を借りてきた。 一緒に見ようと誘ったが夫は興味がないそうなので、二階のノートパソコンで独りで見た。 まだ一作目の「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」を見ただけだが、何なんだろう、この面白さは。 暴力的だし、エロを通り越...

読書というより目を通しただけ

 十代のころ、読書といったら小説や物語などの文学作品を読むことだと思い込んでいた。そうして読書というものはしなければならないものだと思い込んでいた。そのくせ何を読んだらいいのか分からないから、高校生向けの雑誌の特集などで読むべき文学作品の特集が組まれていたりすると、それをすべて読破することを課題にしたりしていた。「車輪の下」も「知と愛」も「大地」も「罪と罰」も、その他もろもろの長編に目を通したのも...

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR