Entries

外貨建ての保険?

亡くなった母が生命保険の外交員をしていたせいで、私も弟も何本も入れられた。ノルマが達成できないと家族を入れていたからだ。契約者は母自身だったから、給料のかなりの部分を保険料の支払いに充てていたはずだ。何のために仕事をしていたのか、それでも母は生保の仕事を止めようとはせず、65歳まで勤め上げた。これからは嘱託として少し気楽に続けると言っていたのに、定年になった途端に重篤な病気を発症してこの世を去った...

最近のニュースで思ったこと

横山秀夫作の小説「64(ロクヨン)」の中に、広報官三上が部下の美人警官を(女を武器にするな)と言って叱る場面があった。警察発表に不信感を持って激しく突き上げてくる記者クラブの面々を懐柔するために、飲み会に付き合おうとする若い婦人警官に対してだ。日本では仕事を順調にすすめるために、時間外の飲み会というような付き合いをしているらしい。財務省の事務方トップが、メディアの記者との付き合いの席でセクハラ発言...

陰にかくれて何をしたのか

最近文部科学省が、名古屋市立中学校で開かれた前川元事務次官の課外講座についての質問状を送り付けたことで、教育に対する圧力ではないかと批判が相次いだ。問題が公になってから、文部科学省からの質問とそれに対する市立中学校がわの返答が新聞に全文掲載された。よくまあこんなに事細かにと驚くような内容だった。聴衆の動員があったかどうかなんて、何を言ってるんだろう。個人的に一番腹立たしかったのは、国会議員が陰で動...

最近のニュースの中で

ここ一週間ほどの間のニュースで、印象に残っているのは有賀さつきさんの急逝だった。ネット上で色々読んでいると、何年か前からご病気だったらしいのに、周囲の親しい知人やご家族にさえも知らせず、孤独に闘病していらっしゃったという。その精神力は並大抵のものではなかったのだろう。今年になって衰弱がはっきりしてきたためか、お父さんが付き添って病院へ行き入院されたが、半月ほどで急逝されたそうだ。よほど体が弱ってい...

高齢者ばかりの町内会

最近町内会の存続について考え込むことがあった。我が家はこの3月まで町内会の組長をしている。町内会にはいくつかの組があって、各組ごとに組長を選出するのだが、どの組もたいていは持ち回りで務めているようだ。先日町内会長さんから次年度の組長をする人を知らせるようにと連絡があったので、次のお宅へ話に行った。一人暮らしの人で、体の具合が悪くて出歩けないから4月からできるかどうか分からないと言われた。その次のお...

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR