Latest Entries

外貨建ての保険?

亡くなった母が生命保険の外交員をしていたせいで、私も弟も何本も入れられた。ノルマが達成できないと家族を入れていたからだ。契約者は母自身だったから、給料のかなりの部分を保険料の支払いに充てていたはずだ。何のために仕事をしていたのか、それでも母は生保の仕事を止めようとはせず、65歳まで勤め上げた。これからは嘱託として少し気楽に続けると言っていたのに、定年になった途端に重篤な病気を発症してこの世を去った。

私の分は母の没後、保険料が払えなくて整理したものもあるし、すでに満期が来て終わった分もある。一つだけ払い込み期間が満了していて終身の保証があるものはそのままになっている。これは私が先に逝ったら夫が受け取ることになっている。もし夫が先に逝けば、誰に残さなくてはいけないということもないので解約して老後資金に充てるつもりでいる。
夫も私と結婚する前に終身保障の保険に入っており、保険料は払い込み済みだから、お互いに保険金を受け取る仕組みになっているのだ。
つまり、もう新たな保険に入る必要など全くない状態だ。

先日のこと、保険会社の女性社員から電話があった。受けたのが夫だったので用件の内容も確かめず、訪問の約束を受け入れたという。何年か前に、契約の確認ということでやってきた人があったが、またそれと同じことかと思っていた。

来てもらったら今回は「新たな商品のご紹介」だそうで、それがなんと外貨建ての保険だという。この時代、円建てではなかなか保険会社の利益は上がらないに違いない。
パンフレットを見ると、相続の時に控除分があって有利とか、相続税がかかることになった場合には支払いに充てることができるとか、受取人が指定されるので争続を避けられるとか、煩わしい手続き(銀行で相続の手続きをしようとすると、それはもう戸籍謄本を揃えたり、遺産分割協議書を作成したり、なにかと大変なのだ)が必要ないとか書いてある。生命保険がそうした点で長所があるのは理解できるが、なぜ外貨建てがいいのかという説明は明瞭にされていない。という以上に、受け取る金額が運が悪いとかなり少ないというリスクは大きな活字では書いてない。
「こういう商品が発売されて皆さんに喜んでいただいていますので」
と、社員さんは言った。うちにはこれ以上の保証は必要ないのでとお断りしたけれど。

話を聞いていると、最近では入ってもらったお客さんでも「保険の窓口」なんてところで相談して解約して別の保険会社に変わってしまう人も多いそうだ。
そうだろうと思う。若い人はネットで色々調べて、自分で保証を組み立てる人も多いだろうし、わかりにくければ気安く相談できるところもあるのだから、昔のように保険の外交員のいうなりに契約する人は減っているにちがいない。
時代が変わっているし、収入が頭打ちになってきたせいで、支出をシビアに考える人が増えているのだ。

こういう時代でも、保険の外交員さんは新人募集の役目も負わされているそうだ。母の時代には保険の契約以外に新人募集も仕事のうちだったようだ。誘われて初めてもだいたいは親戚知人に入ってもらうだけで、それ以上の契約は取れないものだから、止めていく人ばかりだったそうだ。それでも少なくとも契約件数の増加には繋がるから、また新人を募集するということだと世間から揶揄されていた。

大手の会社のビジネスモデルは昔のやり方を引きずっているところがあるように思える。その方が年寄には対応しやすいのだろう。
かくして我が家のような年寄の家庭に、外貨建ての保険なんて(皆さんが喜んでくださる?)商品が紹介されることになるのだ。


スポンサーサイト

最近のニュースで思ったこと

横山秀夫作の小説「64(ロクヨン)」の中に、広報官三上が部下の美人警官を(女を武器にするな)と言って叱る場面があった。警察発表に不信感を持って激しく突き上げてくる記者クラブの面々を懐柔するために、飲み会に付き合おうとする若い婦人警官に対してだ。
日本では仕事を順調にすすめるために、時間外の飲み会というような付き合いをしているらしい。

財務省の事務方トップが、メディアの記者との付き合いの席でセクハラ発言をしたと話題になり、その際録音されていたという音声まで公開されてしまった。
そういう席にまで付き合わなくてはならない記者の仕事は大変だと思う。女性記者の側に女を武器にするつもりなどなかったとしても、事務方トップ側の女性に対する意識が時代遅れだったせいで、そう受け取ってしまったのではないか。
問題が公になってからのごたごたはやれやれだ。

例えキャバクラで働いている女の子に対してだとしても、「胸に触ってもいいか(書いていても恥ずかしい!)」などと口にするのは下衆っぽいことだ。最近では女子大生が学費稼ぎのアルバイトしているなどという話も聞く。酒席での言葉遊びだなんて、そんな言葉は家へ帰って奥さんに言ったらどうですか。多分ひっぱたかれるか、無視されるかだと思うけど。

ふと思ったのだが、女性記者に、飲み会にでも何でも付き合って記事ネタを掴んでこなければ一人前ではないと思わせているとしたら、その部署の上司の意識はどうなっているのだろう。
広報官の三上のような上司だったら、男性記者を行かせそうな気がする。世の中にはまだまだセクハラをセクハラと自覚さえしていない男が多いのだ。
セクハラと別に場合によってはパワハラだってあるかもしれず、女性が社会で男性に伍して働くためには二重の壁がありそうだ。


食事中の塩分計算

健診の結果クレアチニンの数値が高かったので、食事の塩分を考えてみた。
本当に腎臓病になってしまったら、食事中の塩分をきちんと計測しないといけないだろう。まだそこまで進行してはいないが、病気になる前に用心しておくに越したことはない。

試しに本日の食事中の塩分計算をしてみた。

 (朝食)
○コーヒー リンゴ一個 きな粉いりヨーグルト
 塩分は0

 (昼食)
○いろいろ野菜のスパゲッティ
茄子、タマネギ、人参、しめじ、トマト、ピーマンなど(野菜には塩分0)をオリーブ油で炒めて水を入れずに煮込む。
4枚入りのベーコン1袋(塩分0.9g)スープキューブ1/2個(塩分2.5g/2)ケチャップ30cc(塩分1.0g)を入れた。塩分の計は3.15gだが、これは二人前なので、一人前は1.57g。
食べるときに粉チーズを小さじ一杯(塩分0.24g)をかけた。

今回、袋入りの食品に表示されている塩分量を確かめてみて気がついたが、他の麺類と違ってスパゲッティには塩分が含まれていないらしい。
 昼食の塩分は計1.8g。

 (夕食)
○味噌汁 大根、しいたけ、油揚げ、豆腐 味噌(一人分10gで塩分1.1g) 
○茄子とアスパラガスの焼き浸し 
つけ汁は創味のつゆの素(一人分14ccを6倍に薄めた。塩分2.3g。ただしつけ汁までは飲まないのでもう少し少ないはず)
○大葉とマグロの細巻き寿司 
寿司酢に塩は入れなかった。つけ醤油は2.5cc(塩分0.5g)
 夕食の塩分は計3.9g。

一日の合計は5.7gだった。
理想的な塩分量は一日5gだそうだ。もう少し減らす方向で考えよう。今までも薄味を心がけてきたつもりでいたけれども、きちんと計算してみると薄味にしているつもりだけだったのかもしれない。
いくら塩味を薄くしても、全体量が多ければ塩分量は増えるのだから、食べ過ぎには注意しなくてはいけない。
塩分の問題とは別に、もう少しタンパク質をとった方がいいかもしれないと思った。



検診結果

毎年国保の検診を受けてはいるが、つい腰が重くなって先延ばしにし、いつも3月の期限ぎりぎりになってしまう。自分の健康を過信しているからではなく、むしろその逆だ。検査の結果からいろいろ言われるかもしれないと気が重いのだ。
今年もやはりぎりぎりになってからかけ込みで受診した。

2週間たって、結果を聞きに行ってきた。
去年に比べて体重が2㎏、腹囲がウン㎝増えていることは検診当日に分かっている。それでも血圧が正常値に収まっていたから、今年も何とか無罪放免かと思っていたら、肝臓と腎臓の働きを示す数値が基準値を超えていると指摘された。病的というほどではないが、一応エコー検査をしておきましょうと。結果的には特に腫瘍ができている様子もなく、それでも心配だから今後は半年ごとに血液検査をして下さいと言われた。
基準値を少々超えたくらいなら、実はそう心配することはないような気がしている。だいたい基準値そのものが、検査機関で違っていることもあるようだし、数字にこだわるのもなんだかなあと思うが、心配していただけるのは有難いことなのだろう。
油断していて手遅れになるよりはましだし。

原因は多分食べすぎだ。特に甘いもの。
夫が買い物好きで、食品全般常に多量の買い置きがある。賞味期限が気になって、勿体ないからと食べてしまうのがよくないに決まっている。わたしはクッキーなど食べだすと止まらない人間なのだ。

家へ帰って夫にかくかくしかじか、ついては今後は甘味断ちをするつもりゆえと宣言した。
あなたまで付き合ってくれなくてもいいから、どうぞ自分で買ってきたものは好きに食べてください。目の前で食べられても、我慢するくらいのことは大人だからできます。
今までに買ってきたものを一人では食べきれないと思ったら、どうぞ知り合いに差し上げてと言ったら、翌日親戚のお宅へ袋菓子をどっさり運んでいったようだ。子供さんが集まるからさばけるそうだ。やれやれ。

食生活全般を見直して、半年後の検査結果を楽しみに、ついでに体重も少しは落としたいと思っている。


「64(ロクヨン)」を読んだ

横山秀夫「64(ロクヨン)」(文春文庫)を読んだ。警察を舞台にして描かれた人間ドラマの傑作。TVドラマにも映画にもなって話題を呼んだ作品のようだが見ておらず、今回本を読んでその面白さに触れた。

未解決のままの十四年前の誘拐事件が後を曳いている中で、中央からのキャリア官僚と地方のノンキャリアの軋轢、警務部門と捜査部門の抗争、さらにメディア関係者との摩擦、その中でもみくちゃになりながら広報官の三上は奮闘を続けていく。ずば抜けて優れた警察官ではない。思考を巡らせ推理はするが、不明なことは多く、行き止まりも多い。家庭的にも一人娘の家出という問題を抱えているのだ。
そうした日々に並行して新たな事件が起き、結果的にその混乱の中から十四年前の事件解決につながる一筋の光明がさしてくる。

それぞれの登場人物の人となりや背景が描き分けられていて、人間関係がしっかりと構築されているから、話の筋立てに無理がないように感じられる。まさに力作。

この小説の本筋にはあまり関係のないことではあるが、少し気になったこと。
鬼瓦と評されるような醜男の三上は、署内でも有名な美人だった婦警を妻にした。美人過ぎた妻には逆恨みで友人に自殺されたという過去がある。さらには父親に似た容貌を嘆き、母親には嫉妬と敵意をむき出しにして、家出してしまった娘がいる。安否は最後まで分からないままだ。
キャリア官僚の若い課長が、会見の席でメディアの人間に突き上げをくらいながらも頑張ったのは、美人婦警のせいだと笑われたりする。
人の外見など年を取るにつれて変化するものなのだ。そう思っているので、容貌の美醜がもたらす結果がはっきりと書かれている点に少し引っかかった。個人の感想とは別に、人間心理の分かりやすい説明にはなっているのだから、それはそれでいいのだろう。

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR