FC2ブログ

Latest Entries

気の重い状態

そもそもの発端は二週間前のことだ。玄関のベルの音ででてみたら、顔見知りの老夫婦だった。

同じ町内に90歳も半ばの猫好きのご夫婦が住んでいらっしゃる。アパート暮らしである。野良猫が多い地区だ。そのうちの一匹を気に入って餌を与えていたところ、別の猫も寄り付いて、一緒に餌を食べていくようになったらしい。ところがその新参者の猫が部屋の中に入り込んで、2か月以上も前のことだが、気がついたら押し入れで仔猫を生んでいたという。
その仔猫を貰ってくれないかと言うのだ。貰ってくれないかという言葉の裏には、何とかしてほしいという気持ちが確かにあったと思う。老夫婦の年齢から考えて自分たちではどうしようもないことはわかっている。

貰ってくれないかと言われても、我が家には年を取って世話のやける猫がいる上に、自分たちの年齢を考えたら今から仔猫を飼うのは無理がある。断るしかなかったが、途方にくれた様子の二人を突っぱねるわけにいかず、愛護センターで相談してみたらとかなんとか、取り繕うような言葉をかけるしかなかった。

十年ほど前にも同じようなことがあり、その時はクリーニングの取次ぎをしていた奥さんと一緒に里親探しをした。それから五・六年経ってまた同じようにことがあって、何とかならないかと相談された時には、私はいい顔ができなかった。クリーニング屋の奥さんはが、動物に対して優しい人だったので里親探しの面倒をみたらしい。その面倒見のいい奥さんが二年前に病に倒れ、息子さんに引き取られていったので、頼れる人がいなくて、私の所にみえたようだが、里親募集の難しさを分かっているから、安直に引き受けるわけにはいかない。

二・三日してまた玄関のベルがなった。仔猫のことではなく、今度は親猫の不妊手術を安くしてくれる獣医さんを知らないかという相談だった。名古屋市の場合は地域猫サポーターに登録すると助成金が出るけれど、90歳を超えた人に務まるとは思えない。そうかといって、私が代わりに登録して助成を受けようという気持ちにはなれない。知っている獣医さんの電話番号を教えはしたが、車がないと運ぶのが難儀なことはわかっていた。おそらくご本人たちにもそれはわかっていたはずで、できれば代わりに連れて行ってほしい気持ちが透けて見える気がした。

十年前に餌をやるのなら、不妊手術をしておかないと仔を生みますよと釘をさしてあった。なんで同じことを繰り返すのだろう。「生む前に不妊手術をしておかないといけなかった」と言ったら、「生むと思わなかった」という言葉が返ってきた。それ以上何も言う気になれず、手伝おうという気はすっかり失せた。
悪い人ではない。優しい人なのだろうと思う。それでもこういう人を相手するときは本音と建て前を使い分けないと、こちらが困ったことになるように思う。

昨日になって、買い物帰りに二人に出会い、どうなったのかとたずねたら、「近隣の町に住んでいる娘が不妊手術も里親募集も引き受けてくれた」と、明るい表情で仰った。だったら最初から娘さんに頼めばよかったのにと、正直に言うと、内心少しむっとした。
二週間もあれこれ思って気の重い状態で過ごしてきた私がバカみたいだ。



スポンサーサイト

キュロットを縫った

ブラウスを縫った残りの生地でキュロット(ガウチョというのかしらん)を縫った。
何年も前、何を作ると言う目的なしに何となく買って在庫になっていた生地だ。今年になってから、そうだもんぺを縫おうと思いついた。普通に洗濯をして着るものだから事前の水通しをし、アイロンをかけて裁断する段階になって、急にもんぺにするには生地が薄いような気がし始めた。ためらうばかりで決心がつかずについついそのままになっていた。

ちょっと前に生成りの麻のハギレで縫ったブラウスがある。着てみると気持ちがいいし似合うような気がして、もう一枚縫おうと決めた。どの布地を使おうかと考えているうちにこれが目にとまり、おもしろい感じのブラウスになりそうな気がした。
用尺は十分にあるから後でやっぱりもんぺを作る気になっても布地は余るはずと、かなりいい加減な見当で先にブラウスを作ってしまった。ところが、柄合わせが必要だったせいで用尺が足りなくなってしまい、こういう形のものになった。

ウエストはもちろん楽だからゴム。
友人がゴム仕立てのウエストの物ばかり穿いていると体がそのようになってしまうと言っていた。(そうなりたくない人はどうぞ、気を張ってファスナー開きのウエストベルト仕立てにしてください、わたしゃ楽な方がいい)

ユニクロの広告ちらしを眺めていたら、こういう形のをリラコと言う名前で売っているようだ。何年か前には女の人でも夏場はステテコが涼しいとか言って流行ったような記憶がある。リラコというのはその延長線上なのだろう。こういうのでもワンマイルウェアになるのかしらん。
私の縫ったのは木綿地でいくらか張りがあるからステテコという感じではなく、もちろんスーパーへ買い物に行くくらいの時は着用の予定。でも出来上がって穿いてみると、やっぱりもんぺの丈を中途で切ったような感じがする。

panntu.jpg

縫った物の写真をまとめて投稿

在庫の布地を減らしたかったのと、着るものがいよいよなくなったので、ここのところ毎日少しずつミシンを踏んでいた。
それにしても、目が悪くなったと感じている。老眼がすすんでいるのか、それとも別に原因があるのか。
それにうっかりが増えて、ボタン付けをするときに、ボタン穴から針を出して隣の穴に通さずに布地にもどしてしまってあららなんてこともある。
それでもミシン縫いは何とかいけるから、まだ自分の普段着くらいは縫えそうな気がする。

バッグの中身を確かめていて、小銭入れとカードケースが擦れてボロボロになっているのに気がついた。
小銭入れは買い置きがあったので取替え、カードケースを余り切れで作ってみた。上手にできなかったが、とりあえずはこれでしのぐことにしよう。気が向いたらもっとましな物を目指して作り替えることにして。


upyou1.png
k-doke-su2.png


FireTVと回線速度

AbemaTVで将棋の藤井七段の対戦をライブ中継する日は、夫にパソコンを明け渡す。それはいいけれども、勝敗が決まるのはたいてい夜遅くになる。夫にはパソコンのシャットダウンを任せられずに、私も付き合うことになるので、それだけは困ると思っていた。

いろいろ調べたら、AmazonのFireTVを使えばテレビでも見られることが分かった。それなら見終わった後テレビのスイッチを切ればいい。いくら何でもそのくらいのことは夫もできる。夜遅くなりそうなら放送をテレビの方に切り替えて見てもらうことにして、私はさっさと寝ることができるわけだ。初めからテレビで見てもらってもいいけれども、小さなFireTVが長時間連続の使用に耐えるかどうかがわからないので、一応補助的な役割で考えることにした。
スティックの方はそんなに高くないので、思い切って購入した。
インターネット上に書き込まれている使用方法や口コミを読むと、どうやら回線の速度によって問題が起きるようだ。

以下、回線の速度に関連して。
2か月ほど前、某回線業者の代理店の若いセールスマンが回ってきて、光にしませんかと勧められた。光は高いからと言うと、お宅が今使っている回線より安くなりますと言う。
話を聞くと確かに現在よりもだいぶん安くなりそうだったし、テレビと電話をセットにしても特に問題はなさそうだったので1Gの契約をすることにした。
今ならFireTVをオマケにつけると言う。丁度購入を考えていた時だったので、それじゃ頂きますと答えたら、それがどうやら5Gの契約のオマケだったようなのだ。訳の分からないまま5Gで申し込んだことになっていたらしい。
代理店のセールスマンは、5Gを契約してもらえばこれをオマケしますという明確な言い方をしなかった。セールストークとはそんなものだろう。年寄りは簡単に言いくるめられそうだったよ、と思い出して苦笑。

回線工事の下見に来た電気工事の人と話しているうちに、何かおかしいと気がついてすぐに会社へ電話をかけ、1Gに変更してもらった。工事に取りかかる前だったためか変更に関して問題はなかったので助かった。

5Gの契約をしていたら、最初の一年間はともかく、翌年度から現在の料金より高くなってしまうところだった。タブレットもスマホも持っておらず、パソコン1台使うだけで、5Gの回線など不必要だ。

FireTVは試験的に使ってみたら現在の回線でも、テレビでAbemaTVを視聴することはできる。ただし長時間にわたると不安定になる。
早く1Gの回線になるといいが、申し込んでからかなり日数がかかるみたいだ。まだなかなか工事の日程の案内が来ない。


逃げること

川崎で起きた事件には何ともいいようのないものを感じる。マスコミの報道を見ていると、どうも特定の小学校の生徒が狙われたように思われ、その点で大阪の池田小の事件に似ている印象を受けた。理不尽にもいきなり命も将来も奪われてしまった方は、親御さんやご家族の気持ちを思っても、いたましいことだ。

外国でもこの事件は報道されたらしい。もしかしてテロ事件と思われたのか、それとも被害者の多くが小学生だったという事実のインパクトが強かったのか。

色々な事件が起きるたびに再発防止が言われる。
中に、小学生は怖い目にあうと声も出せなくなりがちだから、危険な目にあった時にはまず重いランドセルなど放り出して、大声を出しながら走って逃げるような訓練をしたらどうかという意見があった。
そういう危険に遭遇したら、やっぱり、まず逃げるしかない。


Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR